不妊治療には、いくつかのステップがあります。

Share on Facebook

まずは自然妊娠を狙うタイミング法。基礎体温によって排卵周期を把握し、さらに病院での超音波検査などにより、排卵日を特定します。この排卵予定日の前後の性行為で受精の確率を上げるというものです。排卵誘発剤を併用することも多いです。

これでうまくいかないと、高度生殖医療に入っていきます。

最初は人工授精で、性交することなく精液を子宮内へ注入する不妊治療です。採取した精液を、カテーテルという細い管を使って子宮に直接注入し、受精は精子と卵子の力で行います。

次のステップとしては体外受精があります。

体外受精では、女性は排卵日に合わせるか排卵誘発剤を用いて採卵します。男性は採卵の当日に精液を採取するか、事前に凍結保存して当日解凍します。

採卵した卵子と精子をシャーレの中で混和し、自然に近い状態で受精させます(媒精といいます)。そして細胞分裂を始めた正常発育胚を子宮内に戻します。

妊娠が確認されたら、以降は自然妊娠と同じ経過をたどります。

体外受精の一部として、精子が極めて少数でも可能な顕微授精と言われる方法もあります。

現在は極細のガラス菅に精子を1個だけ吸引し、卵の細胞質内に注入するICSI(Intracytoplasmic sperm injection 卵細胞質内精子注入法)という方法が顕微授精の主流で、精子の持つ力というよりも、人為的にガラス管で卵子の壁を貫通させて受精させます。