治療費について

Share on Facebook

さて、実際に不妊症の治療を受けようと思ったものの、かなりの高額な費用がかかる、
なんて話を耳にしてちょっと二の足を踏んでしまう人もいるのではないでしょうか。

確かに決して安い費用ではありませんが、保険がきかないものは病院によっての費用の差もあるので、
事前にしっかりと尋ねて把握してから治療を受けても差し支えがないでしょう。

確かに赤ちゃんは欲しいですが、この費用が更にストレスを生む事になっては精神的に健康な
不妊治療が行えないのではないでしょうか。

ちょっと具体的に費用や内容をみていってみましょう。

もし、体外受精を行うのであれば、その費用は30万円?50万円というのが一般的です。

が、私立の病院などによっては100万円近い費用がかかることもありますので、事前に確認するのがベストですね。

逆に、国立病院では10万円代で行えるところもあるようです。

不妊治療でも、保険が効く手術に相当するケースもあり、その場合ですと、
どこでも費用に大差はみられません。

40万円?60万円と言われていますが、所得に助成がでることもあるようですので、

こちらも受けるとしたらよく確認してみるべきですね。

ただどちらにしても、1回のみで終了ということはなく、加えて検査などもあるので、
それらを踏まえた上での総額見積もりが必用になります。