不妊症と妊娠の基礎知識

Share on Facebook

不妊症とは?

一般的に『不妊症』とは、子どもを望む夫婦が営みを行っても2年の間妊娠しない状態のことを指します。

不妊の原因

不妊の原因は女性側だけの問題と思われがちですが、実は一概にそうとは言えないのです。

■不妊症の要因はさまざまです

  • 男性側に原因があるケース ・・・・ 40%
  • 女性側に原因がある場合 ・・・・ 40%
  • どちらにも原因があるケース ・・・ 15%
  • 原因不明な不妊 ・・・・ 5%程度

男性不妊精子の形成や成熟ができない造精機能障害が最も多く

女性不妊では内分泌・排卵因子、卵管因子、子宮因子などの問題があります。

 

また、不妊症には、原発性不妊続発性不妊症があります。

  • 今まで妊娠したことがない人の不妊症を原発性不妊
  • 過去に妊娠や分娩を経験した人の不妊症
    いわゆる2人目不妊を続発性不妊症と呼んでいます。

現代で不妊が増えているのは、結婚の高齢化もその理由のひとつに挙げられています。女性の卵子も、男性の精子も、どちらの状態も年齢とともに衰えていくため、高齢になればなるほど妊娠しにくくなるのが現状です。

不妊の原因は、男性にも女性にもあると考えられますので
検査によってどんな問題があって不妊症になっているのかを調べるが大事です。

きちんと治療を受けることで子どもを授かることの出来るようになる方は多いです。

まずは、夫婦ともに検査をし、治療の内容を把握し、しっかり理解していきましょう。

⇒STEP2 不妊症の原因について