不妊に大敵の「冷え」

Share on Facebook

不妊症は西洋医学だけでは対応しきれないこともある、と言われています。

そんなときに利用してみたいのが漢方です。漢方は治すというよりも「体質改善」を
目的としています。

特に不妊においては冷えは大敵です。

この冷えに対して、漢方は有効に働く成分を持っているものもあり、ゆっくりと体に無理なく
体質改善のお手伝いがなされていきます。

冷えは病気とは異なりますが、元々人間の下半身は冷えやすく、子宮・卵巣の機能が冷えると
さらに機能は低下してしまいます。

これの悪循環を繰り返して行くうちに、妊娠しずらい体質を知らないうちに自らで作っているのです。

また現在の私たちは、季節に関係せず様々な食材を口にすることができます。

これが更にホルモンのバランスを崩すのみではなく、やはり冷えの原因ともなっています。

このように冷えと不妊は非常に密に関係していますので、そんな冷え体質になってしまった
体を整えるためにも漢方を利用されている方も多くいらっしゃいます。

漢方もそれぞれの人の状態に合わせて調剤されるので、自己判断ではなく診察を受けて
処方されることをおすすめします。

また中には西洋医学と併用されている方もいますので、必ず医師に相談した上で行うようにしましょう。

Comments are closed.