生活習慣との関係

Share on Facebook

不妊症の原因は、病的な因子を除いては日々の生活習慣や食生活によるところも多く関与することがあります。

これらを見直していきたいですね。

私たち現代人は、男女に関係なく 日々忙しくまたストレスも多い生活を送ってきています。

そのような日々のつみかさねが、ホルモンのバランスを崩したり、また食生活にも影響を及ぼし冷えを
招き妊娠しずらい体を作っていることもあります。

まずは自身の日常生活を振り返ってみてみませんか。

子供のころからよく言われていることですが「規則正しい生活」「偏食なく何でも食べる」ことは
やはり基本中の基本でしょう。

とはいっても大人になると仕事やプライベートで必ずしも毎日を同じペースで
過ごすことが可能というわけにもいきません。

そのような時は、その前後で生活のリズムにバランスを取るように心がけ、いつまでもストレスや
疲れを残さないようにしていきましょう。

特にアルコールは体を冷やす原因になるので、できるだけ摂取しない方がよいでしょう。

食事に関しても、何でも良いからバランスよく食べればよい、というものではありません。

出来合いのものやインスタントに頼ってばかりいてはなかなか十分な栄養が摂取し
きれないことがありますので、手間はかかりますが、時間のあるときには料理をするように心がけましょう。

Comments are closed.