子宮内膜症

Share on Facebook

子宮の内側の膜が、子宮内以外の卵巣や卵管、腹腔内や直腸の表面などの異所にできて増殖するのが子宮内膜症です。

子宮内膜は受精卵が着床するところで、月経のたびに剥がれて出血しますが、同じように子宮内膜症の部位からも出血が起こります。ところが内膜症の部 位には出口がないので病巣に血が溜まります。これを吸収するために炎症がおこり、卵管と卵巣、子宮、骨盤壁、腸などが癒着します。子宮内膜症がひどくなる と溜まった血が嚢腫を作ることもあります。

症状としては、強い月経痛、月経時以外の腹痛、性交痛、過多月経(経血の量がかなり多い)などがあり、さらに不妊にもつながります。子宮内膜症があ ると、癒着のために卵管に卵子が取り込まれにくくなったり、卵管の中を卵子が運ばれにくくなったりし、さらに炎症のために受精も妨げられてしまうためで す。不妊症の原因としてかなりよく見られる疾患です。

妊娠に向けた子宮内膜症の治療法としては、ホルモン療法(卵巣から分泌されるホルモン量を低下させて内膜症を縮小する)を行って後に自然妊娠を期待 する、さらには腹腔鏡(腹部を数センチ切開し、そこから内視鏡を挿入して検査や処置をする)を使った手術で嚢腫や腹腔内に溜まった水を取り除く、などが挙 げられます。